1. 新宿賃貸事務所.com TOP
  2. コラム
  3. 賃貸オフィスコラム
  4. 企業資産を守り抜け!オフィスのセキュリティについて考えよう

賃貸オフィスコラム

企業資産を守り抜け!オフィスのセキュリティについて考えよう

社外秘の書類や預金通帳…オフィスの業務を円滑に進めるには、オフィス内の安全を守る必要があり、その中には「オフィスの警備体制(セキュリティ)」も重要な要素として含まれています。昨今ではサーバーへの不正アクセスなどネットセキュリティの重要性が叫ばれていますが、物理的に会社の資産を盗まれないようにするオフィスのセキュリティも考えなくてはなりません。

とはいえ、一言に「セキュリティ」といっても、具体的にどこを見ればよいのか、分からなくなってしまうこともあるはずです。今回は、賃貸オフィス選びの際にチェックすべき、オフィスのセキュリティについて解説します。

どのようなセキュリティシステムがあるのか

賃貸オフィスが入居するビルにどのようなセキュリティシステムが採用されているのかは、ビルによって様々です。なので、オフィス選びの際にはこの点も十分確認しておく必要があります。

ビルセキュリティシステムは大きく分けて「機械警備」と「常駐警備」があります。「機械警備」はセンサーを用いた警備機器を設置し、異常が発生するときだけ警備員が出動する体系となります。一方の「常駐警備」では、警備員や守衛が施設に常駐して警備する体系で、大規模なビルでよく見られます。

コンピューターによる24時間対応の警備システムが導入されていると、夜間や休業日のトラブル予防にもつながります。ビルごとにどのような警備システムが用いられているのか、オフィス選びの際にはしっかり確認しておきましょう。分からないことがあれば、納得のいくまで担当者とご相談いただくことをお勧めします。

警備にかかわる手続きと費用

ビル全体に機械警備が導入されている賃貸オフィスの場合、オフィスへの出入りに必要なカードキーを用意する必要があります。追加発行も含め、管理会社や警備会社に直接依頼する必要がある場合などもありますので、事前に情報をチェックした上で、スムーズに手続きを進めていきましょう。

導入されているセキュリティシステムによっては、それにかかる費用も異なってきます。中には、ビル全体でセキュリティシステムを導入しているものの、オフィス部分の機器設置費用やカードキーの発行費用、警備保障料金は、借主が負担することもあります。賃料だけでなく、セキュリティにかかる費用も考慮する必要があります。

会社を守るためセキュリティについて考えよう

社外秘の書類や預金通帳、オフィスの什器やその他備品などが、空き巣の被害と無縁とは限りません。また、不審者の侵入を許してしまえば、盗聴器の設置や破壊工作などで、多大な損益が発生してしまったり、業務遂行に重大な支障を来たしてしまう可能性もゼロではありません。

会社の資産を守り抜くためにも、オフィス選びの際にはビルのセキュリティについて考えることも重要です。ビルによって導入しているシステムが異なるうえ、賃料とは別に費用が掛かってくることもあるため、業務形態や事業規模と照らし合わせて、慎重に検討するようにしましょう。

警備システムのしっかりしたオフィスビルに入居することで、安心して仕事に臨めるというインセンティブもあります。業務効率を上げるという観点からも、オフィス選びの判断材料としてビルのセキュリティを念頭においてみるのも、良いかもしれません。

その他オフィス選びの際の注意すべき点については、賃貸オフィスコラムにて掲載しておりますので、下のリンクから是非ご覧ください。

オフィスビルにも様々な体系があります。新宿賃貸事務所.comを運営する株式会社TFCでは、お客様の状況に応じて、最適なプランをご案内しております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

LINEで最新情報を配信中
気軽に相談可能です
LINE 友達登録

内見希望、空室確認、賃料確認など

フリーダイアル0120-486-656

受付時間:月-金曜日 10:00 - 19:00

LINE 友達登録