1. 新宿賃貸事務所.com TOP
  2. コラム
  3. 賃貸オフィスコラム
  4. 居抜き、スケルトン…引き渡しに関する用語を解説

賃貸オフィスコラム

居抜き、スケルトン…引き渡しに関する用語を解説

入居したい部屋がどのような状態で引き渡されるのかは、オフィス選びの際の重要なポイントになります。引き渡し状態によって、その後のレイアウトや費用など移転に関するプランが大きく変わってくることになります。

ところで、オフィス選びをしていると、「居抜き」や「スケルトン」といった用語が出てきますが、これらの用語はいずれもお部屋の引き渡し状態を表しています。それぞれどういった意味があるのか、今回はオフィスの引き渡し状態について解説します。

引き渡し状態① 居抜き

居抜き

居抜きとは、そのオフィスを直前まで使用していたテナントの什器やレイアウトなどをそのまま引き継ぐことができる状態です。飲食店で多い形態ですが、最近では美容室やコンビニエンスストアを含む物販店、珍しいものだとATMやガソリンスタンドなどの居抜き物件も増えてきています。

・メリット
同業種のテナントの居抜きであれば、営業に必要な什器やレイアウトが既に整っているため、初期費用を抑えて営業を開始することができます。

・デメリット
飲食店の居抜き物件は多いですが、それ以外の業種の居抜き物件はなかなか出てきません。地域によっては居抜き物件自体が希少になっている場合もあります。また、営業に必要な什器が整っているとはいえ、古くなって状態の悪い物が含まれている場合もあり、その場合も責任をもって引き継がなければなりません。さらに、「居抜き物件として借りたのだから、退去時も居抜きとして退去すればよいのでは…」と思いがちですが、居抜き物件に入居した場合は原状回復義務が生じ、スケルトン状態にしなければなりません。

引き渡し状態② 事務所形態

事務所形態

OAフロア(床にネットワーク配線などが設置されたもの)にカーペットタイルが敷かれ、天井と壁は白一色になっている、事務所として使いやすい最低限の内装がされている状態のものもあります。中には待合室や会議室が最初から用意されている「セットアップオフィス」というものもあります。

・メリット
オフィスとして使用する分には最低限の内装・設備が整っているため、大規模な内装工事は必要ありません。機材の搬入などの準備期間も短く済み、清潔感のあるオフィスで健全な営業活動を開始しやすいのが特徴です。

・デメリット
オフィス・事務所として最適の形態ですが、逆に飲食店や物販などその他の用途には使いづらくなっています。また、典型的なオフィスの内装となっているため、個性が出づらいという点もあります。

引き渡し状態③ スケルトン

スケルトン

スケルトンとは、英語で骨格(skeleton)を意味する通り、柱や梁といった骨組みのみが残り、内装などは一切ない状態です。中には空調設備や水回り、電飾などが残ったものも存在します。

・メリット
基本的にはオフィスから退去する際は、原状回復工事によりスケルトン状態にすることになっているため、最も見つけやすいタイプになります。スケルトン状態では、真っ新な状態から内装工事をして自分好みのオフィスを作り上げていくため、自由度が高く個性を出しやすくなります。また、内部配管の位置や消耗具合が把握しやすくなり、新たに空調などの設備を導入すれば保証やメンテナンスについても自分たちできちんと把握することができます。

・デメリット
一からオフィスを整えていく必要があるため、初期費用が膨大になりがちです。居抜き物件の内装工事とどちらがよりお得か、検討しておくとよいでしょう。

どのような引き渡し状態がいいのかは要検討!

オフィスの引き渡し状態は、元々入居していたテナントの什器やレイアウトをそのまま利用できる「居抜き」、内装を一から自分好みに作り上げることができる「スケルトン」、オフィスとして最低限の内装が整った「事務所形態」、この3つが主になります。

それぞれ費用面や個性などの点でメリット・デメリットがあるので、どのような引き渡し状態がいいのか、新たにオフィスを借りたいと思ったら、まずはその点を検討しておきましょう。

新宿賃貸事務所.comでは、新宿周辺の賃貸オフィスを紹介しています。賃貸オフィス物件をお探しの際は、下のお問い合わせフォーム、もしくはお電話(0120-95-5129)よりお気軽にご相談ください。

LINEで最新情報を配信中
気軽に相談可能です
LINE 友達登録

内見希望、空室確認、賃料確認など

フリーダイアル0120-95-5129

受付時間:月-金曜日 10:00 - 19:00

LINE 友達登録