1. 新宿賃貸事務所.com TOP
  2. コラム
  3. 賃貸オフィスコラム
  4. あの店も入居予定…最新技術を駆使し繁華街に誕生した注目のビル「T&TⅢビル」

賃貸オフィスコラム

あの店も入居予定…最新技術を駆使し繁華街に誕生した注目のビル「T&TⅢビル」

コロナ禍で店舗の入出店が激しくなった新宿駅東口の新宿通り沿いに、注目のビルが竣工しました。その名は「T&TⅢ(サード)ビル」。元々あったビルを解体して更地にしてから新しく建てられたビルは、屏風のように折れ曲がった外観デザインが特徴で、防災機能と省エネ機能を備え、あの有名店も出店を予定しています。

今回は、新宿東口の新宿通り沿い、一大繁華街に誕生した「T&TⅢビル」について解説します。

街との調和、防災、省エネ…多用された最新技術

最新技術

※Google Mapより引用

T&TⅢビル竣工までの経緯は、2018年夏に旧ビルの解体工事が始まった頃に遡ります。翌年春には更地になり、新ビルの建設工事に着工。同年9月には都市計画変更決定がなされた「新宿駅東口地区 地区計画」の一環として、斜線制限や容積率制限などの緩和の適用を受けたことにより、限られた狭い敷地に床面積約1188平方メートル、地下3階地上10階建ての整形されたビルが完成することになりました。

折れ曲がった屏風のような外観デザインは、新宿駅東口方向から見ると真っ黒の御影石の面となり、反対側の明治通り方向から見るとガラス張りの面となります。これは見る方向によってT&TⅢビルが持つ意味合いが異なっていることを表しており、石の面は「重厚感・存在感」を、ガラスの面は「街との一体感」を表現しています。

ビルには「中間免震構造」が採用されています。これは、免震層(免震装置を設置する階層)を地中ではなく、1階よりも上の中間階に設置することで、将来発生することが想定されている大規模地震の際、狭い敷地内でビルが揺れた時に上層階部分が隣の建物と接触してしまうリスクを低減するという意図があります。さらに、災害発生時にも企業が事業を継続するためのBCP(事業継続計画)への対応性や高保全性を備えた設備を有している他、室内空間には環境配慮型の省エネ・省資源システムを採用しています。

有名店が入居予定、新たな街のシンボルへ

ディズニーストア

※ディズニーストアニュースリリースより引用

T&TⅢビルには、旧ビルに入居していたテナントが戻る他、ディズニーストアが入居する予定となっています。

地下1階から地上2階までの計3フロアに入居予定のディズニーストアの新店舗は、日本最大規模の総面積約1710平方メートルとなり、ディズニーストアの旗艦店となる見込みです。この規模の大きさを生かし、ディズニーの他、ピクサーやスターウォーズ、マーベルから幅広い商品ラインナップを展開し、2021年冬頃のオープンを予定しています。

新たな街のシンボル誕生で繁華街の活性化へ

繁華街として名高い新宿東口、新宿通り。今回新たに誕生したT&TⅢビルの独特なデザインと、入居予定のディズニーストアの旗艦店とが、新たな街のシンボルとなることで、周辺地域の活性化に一役買うことへの期待に胸が膨らみます。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、苦境に立たされている飲食店やドラッグストアなどで入出店が相次いでおり、新宿通りの姿は大きく変わりつつあります。その中で、今回竣工したT&TⅢビルが街のシンボル・中核として、地域社会に愛され貢献していくビルになることを願っております。

新宿賃貸事務所.comでは、新宿周辺の賃貸オフィスを紹介しています。賃貸オフィス物件をお探しの際は、下のお問い合わせフォーム、もしくはお電話(0120-95-5129)よりお気軽にご相談ください。

LINEで最新情報を配信中
気軽に相談可能です
LINE 友達登録

内見希望、空室確認、賃料確認など

フリーダイアル0120-95-5129

受付時間:月-金曜日 10:00 - 19:00

LINE 友達登録