1. 新宿賃貸事務所.com TOP
  2. コラム
  3. 街角コラム
  4. 大久保の賃貸オフィス事情

街角コラム

大久保の賃貸オフィス事情

大久保

新宿駅の北隣にある大久保。日本最大規模のコリアンタウンがある新大久保駅周辺を中心に、韓国人のみならず多様な国籍の人々が暮らす住宅街が広がり、そこに教育施設や娯楽施設が点在しています。今回はそんな大久保のオフィス事情と周辺環境を見ていきましょう。

アクセス

新宿区内の町域としての「大久保」には鉄道駅はありませんが、隣町の百人町には大久保駅と新大久保駅があります。
大久保駅はJR中央総武線各駅停車の駅で、中野からは4分、四ツ谷からは10分、秋葉原からは19分のところにあります。
新大久保駅はJR山手線の駅で、池袋からは6分、渋谷からは9分のところにあります。
隣駅である新宿へは電車2分または徒歩20分、大久保から東中野へと、新大久保から高田馬場へは、どちらも電車2分または徒歩17分で向かう事が可能です。

大久保の周辺環境

大久保の周辺環境

新宿区内の町域としての「大久保」は、新大久保駅より東側、JR山手線と東京メトロ副都心線に囲まれた部分を示します。

かつてこの辺りを流れていた川の浸食作用により、周辺地域に比べて大きく窪んだ土地だったことから、大久保という名前が付いたとされています。

元々は実業家や文人の邸宅が立ち並ぶ住宅街が立ち並んでいましたが、現在は新大久保駅と大久保駅を通る大久保通り沿いには飲食店などの商店が立ち並び、取り分け新大久保駅から東側は韓国系の飲食店・雑貨店などが立ち並ぶ、日本最大規模のコリアンタウンとなっています。

それでは、多種多様な人々が集う大久保の見どころをご紹介しましょう。

新大久保コリアンタウン

  • 新大久保コリアンタウン
  • 新大久保の住宅街
  • 日本最大規模のコリアンタウン
  • 韓国系以外の飲食店・雑貨店

住宅街が中心に広がっていた大久保では、細い道が多数伸びており、高級感のある大規模建築物には不向きだったため、戦後整備された住宅街が高度経済成長期になってもほとんどそのままの状態で残されていました。それにより、比較的安い住居が多く存在していたため、歌舞伎町周辺の労働力として出稼ぎに来たり、日本に留学に来たりなどで、アジア系外国人が多く住むようになりました。

その中でも、とりわけ日本に職を求めて来日する韓国人が多く、韓国の大手財閥企業「ロッテ」の本社が新宿にあることや、2002年サッカーワールドカップ日韓共同開催大会、韓流ドラマなどのブームが相まって、日本で商売をする気運が高まるようになりました。その後、新大久保の商店街組合は在日韓国人の商店主たちと連携して、地元の活性化に繋げようという案が画策され、現在の日本最大規模のコリアンタウンへと発展しています。

現在では韓国人以外にも、中国人・ベトナムなどの東南アジア系・イスラム系の国々の在住者も増え、韓国系以外の飲食店・雑貨店が点々と存在しているほか、外国人向け日本語学校や大学といった教育施設も見る事が出来ます。

早稲田大学 西早稲田キャンパス

早稲田大学 西早稲田キャンパス

  • 早稲田大学理工学部
  • 西早稲田駅からキャンパス構内へ直結した出入口

新大久保駅からは北東方向、東京メトロ副都心線西早稲田駅の近くには、早稲田大学 西早稲田キャンパスがそびえています。

西早稲田キャンパスには早稲田大学の理工学部の施設があり、2007年には理工学術院を新設、2008年に東京メトロ副都心線が開業した際には、西早稲田駅からキャンパス構内へ直結した出入口も新設された他、同年にはカフェテリアが入る63号館が竣工するなど、創立以来から建つ歴史深い建物と、近代的な真新しい建物とが混在するキャンパスとなっています。

運営会社がジャニーズの傘下の「東京グローブ座」

  • 東京グローブ座
  • 東京グローブ座外観

新大久保駅から線路沿いに北に向かったところに、東京グローブ座があります。

この辺りは元々国有地でしたが、再開発事業に伴い建設されました。東京グローブ座は、シェイクスピアの舞台作品の普及を目指し、外観・舞台・観客席まで、ロンドンにある本家グローブ座に倣っています。

旧松下電器(現在のパナソニック)の支援の下で開館しましたが、赤字経営が続き一時休館、その後ジャニーズ事務所が買収し、それ以降はシェイクスピアの舞台作品を、ジャニーズ事務所所属のアイドルが主演を務めるなど、これまで以上に多彩な顔触れで、様々なジャンルの作品に挑み続けています。

大久保の賃貸オフィス事情

大久保通り

新大久保駅周辺は、大久保通り沿いに、韓国系を中心とした中小規模の飲食店や雑貨店が立ち並び、細い道に入ると住宅地が広がっている印象です。周辺には外国人向けの日本語学校や大学など、教育機関も多く立地していました。大規模なオフィスビルはJR中央総武線各駅停車の大久保駅近くと、東京メトロ副都心線の西早稲田駅近くには見られますが、新大久保駅周辺は中小規模のオフィスビルが商店街に点々と存在していました。

都内各地、とりわけ都心の一等地新宿からのアクセスもよく、日中は女性を中心に観光客が多く訪れているため、比較的治安がいいエリアです。休日ともなれば、周辺は観光客でごった返し混雑するでしょう。

新宿などの都心エリアから少し離れた、観光メインのエリアだけあって、賃料は比較的安く、平均して坪10,000円前後の物件が多くなっています。

オフィス選びはご相談ください

大久保周辺の賃貸オフィス事情について、周辺環境を交えながらご紹介しました。韓国系以外にもアジア系・イスラム系の人々が多く在住することから、異国情緒あふれる街並みが広がっています。観光客が多く訪れる大久保ならではの、新たなビジネスが生まれる地域として、今後の発展が期待されることでしょう。
新宿賃貸事務所.comでは、大久保・新大久保の物件を含め、新宿周辺の賃貸オフィスを紹介しています。賃貸オフィス物件をお探しの際は、下のお問い合わせフォーム、もしくはお電話(0120-95-5129)よりお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

2019年09月27日現在

内見希望、空室確認、賃料確認など

フリーダイアル0120-95-5129

受付時間:月-金曜日 10:00 - 19:00