1. 新宿賃貸事務所.com TOP
  2. エリアから探す
  3. 高田馬場・早稲田・落合エリア

高田馬場・早稲田・落合エリア賃貸オフィス・賃貸事務所

検索結果46並び替え
  1. すべて
  2. ~20坪
  3. 20~30坪
  4. 30~50坪
  5. 50~100坪
  6. 100坪~
  1. 住所
    東京都新宿区高田馬場2-1-2
    最寄り駅
    東京メトロ東西線「高田馬場」駅徒歩4分,JR山手線「高田馬場」駅徒歩7分
    竣工
    1987年6月
  2. 住所
    東京都新宿区高田馬場1-33-13
    最寄り駅
    JR山手線「高田馬場」駅 徒歩4分
    竣工
    1975年1月
  3. 住所
    東京都新宿区高田馬場3-36-7
    最寄り駅
    JR山手線「高田馬場」徒歩10分
    竣工
    1992年9月
  4. 住所
    東京都新宿区早稲田鶴巻町518
    最寄り駅
    東京メトロ東西線「早稲田」徒歩4分
    竣工
    1990年3月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日
  5. 住所
    東京都新宿区住吉町1-17
    最寄り駅
    都営新宿線「曙橋」徒歩1分
    竣工
    1983年8月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日
  6. 住所
    東京都豊島区高田3-16-9
    最寄り駅
    JR・西武新宿線他「高田馬場」徒歩4分
    竣工
    1992年7月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日
  7. 住所
    東京都新宿区百人町4-9-2
    最寄り駅
    東西線「落合」徒歩10分
    竣工
    1991年12月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日
  8. 住所
    東京都新宿区高田馬場4-4-2
    最寄り駅
    JR「高田馬場駅」徒歩1分
    竣工
    1986年11月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日
  9. 住所
    東京都新宿区高田馬場1-28-7
    最寄り駅
    JR山手線「高田馬場」駅 徒歩2分
    竣工
    1979年1月
  10. 住所
    東京都新宿区百人町4-9-7
    最寄り駅
    東京メトロ東西線「落合」徒歩8分
    竣工
    1990年7月
    • 階数
    • 坪数
    • 賃料
    • 坪単価
    • 敷金
    • 入居可能日

高田馬場・早稲田・落合エリア

高田馬場・早稲田・落合エリアの特徴

高田馬場・早稲田・落合エリアは東西線上で結ばれており、西側から落合、高田馬場、早稲田の順番で駅が隣接しています。 落合の西側は中野や高円寺、早稲田の東側は神楽坂や飯田橋エリアになります。 この隣接する3駅の北側は池袋、南側は新宿です。 落合と早稲田については、東京メトロ東西線のみの利用になりますが、高田馬場はJR山手線、西武新宿線、東西線を利用でき、新宿や池袋へのアクセスも良好です。 高田馬場周辺は、大学や専門学校、予備校が多く、日本屈指の学生街と言われています。 そのためか、学生向けに比較的低価格の飲食店が多いのが特徴です。 また、主要都市へのアクセスが良いことから、大手企業の本社がいくつかあり、現在では技術職や専門職の人気のエリアとなっています。 早稲田は大隈重信が設立した早稲田大学の所在地として有名です。 都電荒川線が走り、のどかな雰囲気と共に閑静な住宅街が印象的です。 落合も早稲田と同様、落ち着いた雰囲気というのが印象的です。 中野が近いので、仕事帰りにノスタルジックな雰囲気のする居酒屋で、1杯やってから帰るということもでき、仕事終わりが楽しみになるかもしれません。

高田馬場・早稲田・落合の歴史

新宿の北側に位置するこの3エリアは、江戸時代は田園住宅地として、明治時代には住宅地という位置付けをされていました。 そんな中、高田馬場に住む地元住民が鉄道設置運動を発起し、山手線の駅が開業したことで、現在のような賑やかな土地になったそうです。 高田馬場は徳川三代将軍の家光によって馬術の訓練や流鏑馬などのため馬場が作られたのがきっかけで、この地名になったと言われています。 早稲田は昔「早稲田村」と呼ばれ、水田が多くある場所でしたが、大隈重信によって早稲田大学が作られたため文教地区として発展してきました。 早稲田大学の発足に伴い、交通の便からも高田馬場に大学や、予備校などが増えたと言われています。 昔から住宅地として栄えてきた落合は、都心のベットタウンとして現在も住人が増加しているそうです。